忍者ブログ
札幌ブログ
[PR]
writer:No Name Ninja 2017-05-30(Tue)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


札幌圏タクシー適正台数、35%削減必要
writer:No Name Ninja 2009-11-05(Thu) 札幌 
札幌圏タクシー適正台数、35%削減必要

◇道運輸局試算
供給過剰となっている札幌交通圏(札幌、江別、石狩、北広島の4市)のタクシー台数について、北海道運輸局は、適正な台数とするためには現在の台数を13~35%削減する必要があると試算し、業界団体や学識経験者らで構成される協議会で報告した。
協議会はタクシー台数の削減を検討するため、10月30日に札幌市内で初めて開かれた。
運輸局によると、札幌交通圏のタクシー台数は01年度は4557台だったが、02年の規制緩和で今年9月には5296台に増加。タクシー業界の平均賃金は、01年度の316万円から08年度は213万円まで減った。
乗客を乗せて走った距離を総走行距離で割った「実車率」も01年度の36・1%から08年度は30・9%に低迷。運輸局は実車率30%を維持するには、現在比13・5%減の4581台、40%とするには現在比35・1%減の3435台に減車する必要があると試算した。
協議会は、年明けまでに減車台数を含む地域計画をまとめる。札幌ハイヤー協会の照井幸一専務は「供給過剰の解消には思い切った数字を出す必要がある。業者間で議論を深めたい」と語った。
PR

Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ