忍者ブログ
札幌ブログ
[PR]
writer:No Name Ninja 2017-05-30(Tue)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


札幌市:新型インフルエンザ対策強化 当番医に殺到
writer:No Name Ninja 2009-10-14(Wed) 未選択 
札幌市:新型インフルエンザ対策強化 当番医に殺到

道内での新型インフルエンザの感染が猛威を振るっている。
第40週(9月28日~10月4日)の定点当たりの感染者数が16・99人と全国最多となり、11、12日の連休には札幌市内の休日当番医療機関に患者が殺到した。
今後、さらに感染者数は増えるとみられ、市は医師会と協議して休日当番医療機関の数を増やすなどの対策を強化する。

札幌市内の小児科の休日当番医療機関(午前9時~午後5時)は5カ所。
9月の大型連休(シルバーウイーク)に患者が増えたことを受け、今月4日からこれまでの3カ所から増やしたばかり。
だが、11日は前週(4日)比で約1・8倍の1482人、12日は1283人の患者が殺到。
夜間急病センター(中央区)の小児科も、11日には同比約2・29倍の370人、12日は268人が訪れた。
同センターで11日は内科も合わせると452人が訪れ、センター開始以来最多となる受診者数となり、6時間も待ったり、待ちきれずに帰った患者がいたという。

同センターには13日夜にも、子どもを抱えた親が次々と来院した。
発熱した長女(2)の受診に来たという保育士の母親(30)=東区=は、「明日の日中だと待たされると思ったし、少しでも早い方がいいと思ってきた。
やはり心配です」と話していた。
PR

Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ